【2022年度入社 山本 健太さん】1年間の現場業務を経て

タグ

  • 人事
  • 人材アウトソーシング
  • 就職
  • 採用
  • 転職
【2022年度入社 山本 健太さん】1年間の現場業務を経て
  • 「株式会社ファーストコンテックって一体どんな会社なんだろう」
  • 「ファーストコンテックで働く人ってどんな人なんだろう」
  • 「施工管理で働く人の話をもっと聞きたい!」

株式会社ファーストコンテックの情報が手元になく、どんな会社か知りたいと思っているあなたへ。

こちらでは、株式会社ファーストコンテックに入社し活躍している社員の生の声をお届けします。

今回は、株式会社ファーストコンテックの採用担当者に直接インタビューを行いました。

インタビューでお話くださったのは、入社2年目の山本 健太さんです。(天理大学 22卒)

山本さんは現在、施工管理として長崎の現場で活躍しております。

  • お仕事内容について
  • 現場業務のリアル
  • ファーストコンテックで働く社員の特徴

インタビューでは主にこういったポイントを山本さんに語っていただきました。

ぜひ株式会社ファーストコンテックがどんな会社なのか、知るきっかけとして読み進めてくださいませ。

なお、この記事を最後まで読んでいただくことで手に入れられる情報は以下のとおりです。

ちなみに、入社当時の山本さんについて詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧くださいませ。

入社の決め手や、業務に対する意気込みなどをメインにお話いただいております。
【2022年度入社 山本 健太さん】私がグループにジョインした理由【内定者当時】
【2022年度入社 山本健太さん】グループの新入社員研修を終えて【入社1年目当時】

せっかくのタイミングなので、ぜひ最後まで読みすすめてください。

現場での業務について

 
2022-05-02-FC山本さん-職場での写真05-2

入社直後の業務について

私の入社した時期は、付きっきりで教育してくれるような上長はいませんでした。

もちろん、仕事の指示や振り分けをしてくださる方はいらっしゃいました。
ただ、手取り足取りは厳しそうな雰囲気でしたね。

ですので初めは上長の手が空き次第、自分だけで進められる仕事内容から教えてもらうことが多かったです。

具体的な業務で言えば、、、
「事務所で、こういう図面があるから見て勉強しておいてほしい」
「ルールブックに沿って足場が組み立てられているか、現場で照らし合わせて確認してみて」

等、日々学びながら少しずつ確認できる業務を増やしていったようなイメージですね。

そういった環境だったので、一人になる瞬間もあり入社直後は不安が耐えませんでした。

特に職人さんと会話する時が不安だったと思います。

配属して1週間では当然、現場の知識や経験はありません。

そんな状況でも、職人さんは施工管理として私に現場の指示を求めてきます。

中には、進め方についての相談をいただくこともあります。

こういった声掛けをいただくたびに、すぐに答えられないというのは大変だった部分ですね。

職人さん自身も、この回答が得られないと作業を進められないという状況なので業務の滞りに対するプレッシャーも感じました。

当時は専門用語も分からず、場合によっては内容の伝達も漏れてしまう可能性がありました。
ですので、その場で上長に電話をして職人さんに繋いでいました。

現在の業務内容について

この1年の間で、徐々に任せてもらえる仕事が増えました。

現在は、エリアを1つ担当させてもらっています。

ちなみに私の上司は別のエリアを複数担当しています。

ですので今は細かい部分であれば自身で状況を判断し、後から上長へ内容を報告する機会も増えました。

そういった状況なので、今では私の担当するエリアの現場施工については私が一番良く知っていると思います。

入社当時は大変だった職人さんからの質問も、今では答えられます!

自身が働いてみて感じること

 

業務の中でのやりがい

実は、仕事に対するやりがいというものをしっかりと実感したことがまだないんです。

一度だけ、無理な工程スケジュールを間に合わせられた時は大きな達成感を味わいました。

その時思ったのが、きっと現場がまだ完成していないからやりがいを感じられていないんだということです。

今の工程が終わっても、その次の工程にすぐ移らなければいけません。

ですので、日々の業務ではその時々でやりがいや達成感を感じる瞬間って少ないんです。

ですが、ふと自分の業務を俯瞰して見たときに完成したときのやりがいの実感や達成感は計り知れないんだろうなと思っています。

今では自分が監督をしながら、多くの現場の方とコミュニケーションを交わして指示しながら業務に取り組んでいます。

自分もこの業務に携わってこれだけ大きな建築が完成したんだ、と思える日にワクワクしながら今は頑張っています!

身についたスキル、今後の挑戦について

身についたスキルはいくつもあります。

  • 調整力
  • スケジュール管理
  • 交渉力
  • 現場の知識

今ざっと振り返っただけでも、これだけ出来ることが増えました。

調整力や交渉力は、エリアを担当するようになってから身についたスキルです。

相手の意見にも耳を傾けながら、こちらも無理のある業務量にならないように対話していくことを意識しています。

最近は、上長からこういった調整のお仕事も任せていただいているので調整を行って後からまとめて報告といった事例もあります。

これから挑戦したいことは、現場の工程を組むことですね。

現在は、既に決められているスケジュールに沿って滞りなく進めていくことが業務の大まかな流れになります。

今携わってみたいのは、その前段階であるスケジュールの作成です。

現在のお仕事をしていくなかで、自分が携わる前の業務はどんなことをするんだろうと興味が湧いたんです。

早いと今年の4月頃に、工程を組む機会に携われそうなのでワクワクしています!

休日の過ごし方

 

最近は、家事なんかをまとめて休日にこなすことが多いですね。

部屋の掃除や洗い物など、、、。

会社の人との飲み会に参加することもあります!

長崎へ配属直後は、外へ遊びに出かけることも多かったのですが最近はあまり新しい場所へ繰り出していないですね。

ここ1年くらいで、行こうと思っていた場所は行き尽くした気がしていて(笑)

ただ、近々車の免許を取りに行こうと思っているんですよ。

なので、もう少ししたら休日は教習所に通い詰めていると思います!

さいごに

 
2022-05-02-FC山本さん-職場での写真03-2

初めは、右も左も分からず不安に感じることも多いと思います。

なんとかなるよ、というのは真っ先にお伝えしたいですね。

そして不安が多い方こそ、とにかく真面目に働くということをまずは大切にしてほしいです。

真面目に働いている姿を、上長や一緒に働く人は見てくれています。

そして真面目に働けば働くほど、周りはあなたのためにいっぱい手助けをしてくれます。

普段から一所懸命なあなただからこそ、周りもあなたのために協力してくれるようになります。

ですので、何よりも真面目に目の前の仕事に取り組むことを意識していただきたいです。

いかがでしたでしょうか?

株式会社ファーストコンテックの雰囲気や考えはお分かりいただけましたでしょうか?

念のため、今回の記事のおさらいをすると、このようなイメージでしょうか?

また、グループの採用担当へ聞いてみたいことがありましたら、こちらのフォームよりお問い合わせくださいませ。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。

あなたとお会いできる日を心より楽しみにお待ち申し上げております。