【2023年 キャリア入社】竹口 佑さん 私が入社を決めた理由

タグ

  • 人事
  • 人材アウトソーシング
  • 就職
  • 採用
  • 転職
【2023年 キャリア入社】竹口 佑さん 私が入社を決めた理由
  • 「メッセージが届いて気になっているけれど、株式会社ファーストコンテックって一体どんな会社なんだろう」
  • 「面談ってどんなことを話すんだろう」
  • 「会社にはどんな人がいるのかな」
  • 「先輩社員なんで株式会社ファーストコンテックを選んだのだろう」

就活中にメッセージが届いたけれど、株式会社ファーストコンテックの情報が手元になくどんな会社なのか知りたいと思っているあなたへ。

こちらでは、株式会社ファーストコンテックに入社を決めた社員の生の声をお届けします。

インタビューでお話くださったのは、竹口 佑さんです。

竹口さんは2023年7月に入社をし、現在コンストラクション事業本部で東京の営業係長として活躍しています!

インタビューでは主にこういったポイントを語っていただきました。

  • 就職活動について
  • 会社の印象
  • 今後について

ぜひ弊社がどんな会社なのか、知るきっかけとして読み進めてくださいませ。

なお、この記事を最後まで読んで頂くことで手に入れられる情報は以下のとおりです。

せっかくのタイミングなので、ぜひ最後まで読みすすめてください。

学生時代、前職について

 

大学生活、就活について

大学では、就職活動を始める以前は起業したいと考えていました。

ですが具体的にどんなサービスを提供したいとか、やりたいことというのは定まっていなかったんです。

そんな時、大学の先輩から就活のコミュニティに誘われたことが就活をはじめたきっかけでしたね。

当時は「とりあえず行ってみるか〜?」といった具合でしたね。

でも実際には、その就活コミュニティから色んな学びを経て、

人材業界のとあるベンチャー企業に卒業後は入社しました。

そもそもの起業したいという思いも、

「最短で成長したい」という目的があって目指していました。

そのため、社会人1社目の会社は「成長」という観点で自分の考えに

合致していると感じましたね。

大学卒業後の社会人生活

実は1社目とファーストコンテックに入社する間に、もう1社外資系の金融会社を経験しているんです。

その会社も、基本的な業務内容は変わらなかったのですが社風なのか、

人の温かみはあまり感じられない企業でした。

1社目はとにかく、人との接し方、働く中での人の温かみというものを

多く学ばせてもらいました。

特に、「仕事を決めることは、その人の人生を決める」ことなんだと

働きながら実感する日々が増えました。

そういった、人の人生の大きな局面に携わる仕事が人材業界なんだと知り、

ますます業界に対する興味は強くなりましたね。

私は、数字を追いかけることに加え、人の温かみを感じられるのが

人材業界、しいては営業の魅力だと思います。

だからこそ、次に就職する会社は1社目同様に、

人の温かみのある、人材業界にもう一度就職しようと決めたんです。

ファーストコンテックとの出会い、入社を決めるまで

 

ファーストコンテックとの出会い、入社の決め手

はじめにファーストコンテックと出会い、印象的だったのは会社から期待されていた内容でした。

「もし入社して、営業として活躍してもらうのなら1〜2年で役職者になることを目指してほしい」

この話を聞いた時に、それができる企業なんだと興味を持ちましたね。

大手企業では絶対にできないことだと思いましたね。

大手の企業なら、どれだけ実力が合っても必ず1つずつステップを踏んでいく必要があります。

年齢による障壁も、場合によってはあると思います。

一方で、ファーストコンテックは年齢や社歴に限らず巡ってくるチャンスの数が多いと感じました。

年功序列ではなく、自身の成長や成果によって正当に評価されていく企業という魅力を感じました。

業務について

 

現在の業務について

営業の仕事は大きく分けて2つあります。

1つ目は、施工管理として働くメンバーの職場環境を整える営業活動です。

東京は特に、建物や施設がとにかく新しく立ち上がる場所です。

それぞれが活躍する現場を新規開拓し、働ける場所を提供する業務を行っています。

そのためにクライアントとの打ち合わせの内容はかなり注目していますね。

新規で開拓する場合にも、会社を知ってもらうだけでなく

業界やその現場でのニーズを引き出すことを意識しています。

このニーズを私たちの会社、社員で埋めることができると伝われば、

ファーストコンテックのメンバーの活躍する場所もさらに拡大されていきます。

人と企業をつなぐ大事な役割です。

2つ目は、施工管理として現場で働くメンバーのサポートといった業務です。

単に社員と現場をつなげるだけが営業の業務ではありません。

社員それぞれの配属先には、必ず定期訪問を行っています。

・ファーストコンテックの社員がどのように働いているか?
・現場は今どんな状況でなにか困っていることはないか?

そういった現状を知るためにお話を伺い、もしメンバーから不安や課題点があれば一緒に解決ができるように努めています。

もちろん、一緒に解決していくためには私自身、それなりの知識が必要になってきます。

前職の人材業界に対する知識はあっても、建設業のノウハウはまだまだ勉強するべきことがたくさんあります。

現場訪問で生の環境に触れることと、社内メンバーから施工管理や業界に対するリアルな声を聞くことは欠かさず続けるようにしています。

仕事をする上で大事にしている考え

はたらく=傍を楽にする

この考え方を大切にしています。

自分の行動によって周りの人を楽にしていく、その人が動きやすいと思える環境を整えていくことを意味します。

この言葉は、私が大学の頃に就活エージェントの方から教わった言葉です。

これは若手であれば、特に意識してほしい点であり私も念頭においている考え方です。

出来る業務が限られるからこそ、どれだけ率先して上長の仕事を巻き取っていけるかが大事です。

例えば書類のコピーであればベテランでも若手でもできますよね。

だけど、率先して上司の分のコピーを取ってあげれる人って実は少ないんです。

そういった一つひとつの積み上げが、一緒に働く人同士の信頼に繋がっていくので

「傍を楽にする」は社内外に限らず意識しています。

また私の営業という業務がそもそも、お客様の抱えている課題を共に向き合い、

一緒に解決していくことを1つの目標としています。

これはまさしく「傍を楽にする」という考えがダイレクトに成果に繋がる箇所だと

感じています。

そのために必要な、最新の情報をとりにいったり、

マネジメントの方法を模索したりなど日々仕事の工夫は続けていますね。

そうした営業の業務の中で、現場や社員に対して一緒になにかができる、

人の成長を感じられる瞬間に立ち会えると「これがやりがいだな」と実感しています。

これから面談に臨む、入社以前のメンバーへ伝えたいこと

ファーストコンテックは若手が活躍する、若手が育つ環境を作るために

注力している会社ということをもっと伝えていきたいですね。

そのために、会社は入社前の面談というフローを大切にしています。

私たちは社員に入社して貰う前に、面接ではなく面談を行います。

これは単に経歴で判断するのではなく、その人の経験や人格をしっかりと

相手の口からお聞きして会社の考えに合致するかお互いに見極めてもらうためです。

そうやって相手を深堀りするからこそ、入社以前から社員の目指している

キャリアなどを会社が理解し、サポートをすることができます。

正直、一般的な企業の面接に比べて今の時代に合っているなと感じますね。

メンバーへの思い

とにかくがむしゃらに、目の前のことにまずは一所懸命向き合ってほしいですね。

はじめは未経験で、知識も少ないと不安も多いと思います。

まずは、言われたことを言われた通りに取り組み、できることを積み重ねてほしいです。

それが出来るようになれば、今度は言われたこと以上の役割ができるようになれば素敵ですね。

そうやって出来るようになっていったものはファーストコンテックだけでなく、

きっとどの現場でも成果として積み上がっていくはずです。

今後について

 

今後の目標

後輩やメンバーから、憧れられる存在になっていきたいです。

仕事の能力としても、人としても、若手メンバーから尊敬されるような社員になりたいですね。

ただ、目標にするのではなく、後輩には私を超えていってほしいです。(笑)

私は、自身の思う最良の選択や行動を常に心がけています。

ですが、必ずしも私の行動や考え方だけが全てではないはずです。

後輩のメンバーにも、それぞれの考え方の魅力、行動の指針があります。

ですのでその考えや行動力については消さずに、

私の目指したい点があれば取り入れて、いずれは超える存在になってほしいですね!

そう思われる先輩になるためには能力を磨き続けることが大切だと感じています。

会社の考えにもある通り、

「常に自身が足りないと思い、努力を続ける」ですね!

こんな人と一緒に働きたい!

自信を持って、自分の強みを伝えられる人です!

そして仕事に対して、将来に対して前向きに考えられる方とはぜひ一緒に働きたいですね!

施工管理のメンバーは、初日に現場へ配属される際に、これから関わる色んな方に挨拶をします。

そんな時に、自分の話を自信を持って話せる人はやっぱり素敵だなと感じますね。

営業はその初日の挨拶時に、同行することもあるんです。

隣で聞いていて、同じ内容でも自信を持って話せる人は頼もしさがあります!

何事も不安になりながら仕事をしていると、出したい成果がどんどん遠くなる気持ちになりませんか?

何事もはじめは未経験です。

だからこそ、せめて自分の強みの部分だけは自信を持って新しい環境に向かってほしいですね。

最後に

 

今は、売り手市場の時代です。

つまり、就活生であるあなたが企業を選んでいける立場にあります。

そして、選んだ道を正解にすることができるのもあなただけです。

私たちは成長し続けたい方、それを社会に還元していきたい方と一緒に働きたいです!

たくさんある人生の選択肢の中で、

・自身の成長を大切にしている
・成長した自分の力を社会貢献に活かしていきたい

そう感じている方はぜひファーストコンテックをご検討いただきたいです!

いかがでしたでしょうか?

株式会社ファーストコンテックの会社や社員の雰囲気について、イメージいただけましたでしょうか?

念のため、今回の記事のおさらいをすると、大切なポイントは以下の通りです。

もし、グループの採用担当へ聞いてみたいことがありましたら、こちらのフォームよりお問い合わせくださいませ。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。

あなたとお会いできる日を心より楽しみにお待ち申し上げております。