【2023年度入社 永島 茅央さん】私が入社した理由【入社1年目当時】

タグ

  • 人事
  • 人材アウトソーシング
  • 就職
  • 採用
  • 転職
【2023年度入社 永島 茅央さん】私が入社した理由【入社1年目当時】
  • 「ファーストコンテックって一体どんな人達が働いているの…?」
  • 「就活中にメッセージを貰ったけど、面接を受けに行ってもいいのだろうか…」
  • 「入社前までにどのくらい会社のことを知れるんだろう…」
  • 「自分のキャリアにあわせて成長できる会社なのかな…?」
  • 「未経験や女性でも活躍することができる…?」

就職活動中、ファーストコンテックからいきなりメッセージを貰って不安を感じているあなたへ。

どうかご安心ください!

こちらの記事では、ファーストコンテックの実態を知れるよう、社員それぞれの取り組みや思いを紹介しております。

今回の社員インタビューは、2023年にキャリア入社された永島 茅央さんです!

永島さんは入社後、株式会社ファーストコンテックで技術者として稼働されています。

「入社前はどんなことをされていたのか。」

「なぜファーストコンテックへの入社を決めたのか。」

「現在どのような仕事をしているのか。」

「現場での経験を通して今感じていること」

今回はそういったことを根掘り葉掘り聞いております。

採用エントリーを考えている新卒、キャリアの方々に入社や内定後のイメージを明確に持ってもらうきっかけとして、お読みいただければと思います。

ここからは永島さんのインタビュー内容を載せておりますので、ぜひ読み進めてみてくださいませ。

なお、この記事を最後まで読んで頂くことで手に入れられる情報は以下のとおりです。

せっかくのタイミングなので、ぜひ最後まで読みすすめてください。

入社前について

 

入社前は短期大学に通っていました。

といってもコロナ禍だったため、入学直後はオンライン授業であまり学校には通えなかったんですけど、、、。

その分、アルバイトに注力していました。

アルバイトはかけもちで、飲食系を2つ、それと倉庫のアルバイトをしていました。

最大3つ掛け持って、アルバイトに取り組んでいた時はシフトを組むのがとにかく大変でした。(笑)

一番楽しかったのは、倉庫のアルバイトでしたね。

入荷からピッキング、梱包と倉庫で行われる内容は一通り経験したと思います!

ファーストコンテックへの入社の決め手

 

就職活動について

卒業して1年間はアルバイトをしよう!と決めていたので、倉庫のアルバイトを続けることにしました。

もともとそうやって決めていたので、1年経ってからはマイナビで正社員としての就職先を探し始めました。

はじめは、事務の仕事に絞って探していましたね。

自分の中で就職活動の期限を決めていたので、ファーストコンテックはかなり終盤の方で出会えた印象です。

事務という仕事ではありませんが、ファーストコンテックがきっかけで

施工管理という仕事に興味を持ち選考を受けました。

・工程や安全をチェックしていくという仕事内容
・施工管理という職種・業界の将来性

このあたりは面接を受ける中でさらに魅力を感じましたね。

特に、ファーストコンテックの面接では会社そのものが素敵なんだろうという印象を持ちました。

入社の決め手について

人事の前田さんから会社の理念やミッションを聞き、

「できない人をバカにしない」

といった会社の考え方を知ってこの人たちといっしょに働きたいと思いましたね。

建設業界は正直未経験ということもあり、不安もありました。

ですがこの考えを聞いてから、社員のことを思ってくれる会社で働けるなら

未経験で不安な中でもきっと大丈夫だ!と思えたんです。

業界未経験ですが、昔から建物を見ることは好きで興味もあったため

入社が決まってからは「やるしかない!」と気合がはいりました。

現在の仕事内容について

 

現在は、オフィスビルのリニューアル工事に携わっています。

機械室や空調機の入れ替えが主な作業内容になりますね。

リニューアル工事中も、オフィスビルとして日中はテナントの方々がいらっしゃるため

私達は土日や夜勤でも作業を進めていきます。

基本は金曜日の夜から始まります。

土日と現場は稼働して、月曜日にテナントのみなさんが気持ちよく仕事をはじめられるよう、清掃までを行うんです。

大変なことは、生活リズムですかね。

日中と夜勤を代わりばんこで担当するので、場合によっては3時間ほど

仮眠などでお休みして、また現場に出勤という日もあります。

もちろん安全に配慮したシフトです。

ですが私はまとまった時間で眠るのが好きなので、今は休日の過ごし方は

ぐっすり眠ることに徹していますね。(笑)

平日など事務所で作業する時は、写真の整理や検査のチェック項目の確認作業、

竣工に向けた内容の書類整理などを行っていますね。

働くなかで意識していることは、とにかく既存物に注意して作業をするということです。

お客さまが使われているテナントになるため、傷つけたり汚すことは絶対にないよう心がけています。

私自身も導線になっている通路に荷物が広がっていれば、通行の際の妨げになるから

通りやすく整理するなど積極的に取り組んでいますね。

他にも、周りの職人さんにも同様に配慮してもらえるよう、既存物に注意といった内容は

毎回の朝礼で必ず共有しています。

今は、リニューアルなのでなにか建物が1から組み上がっていくなど

目で見える現場のやりがいは感じづらいのかもしれません。

ですが、個人的に成長は感じていますね。

・職人さんの話している内容が段々と理解できるようになってきた
・工具の名前を言われて、対応できることが増えた
・図面を見て、解像度が上がっていると感じた

このあたりは、職人さんや施工管理の上司の方々に教えてもらい出来ることも増え

仕事の楽しさに繋がっています!

現場で働き感じたこと

職人さんは思っていたよりも、全く怖くなかったです!(笑)

「男性ばかりの職場ってどう?」

とファーストコンテックのメンバーから聞かれることもありますが、

私の場合むしろ働きやすいと感じています。

はじめは「コワモテな方がいるかな」と感じていたのですが、

みなさん言い方が強いだけで優しい方々ばかりです。

休憩時間には職人さんのプライベートやお子さんのお話など、よく話しかけてくれます!

たまに飲み物を奢っていただけたりも。(笑)

また、私の現場にはいませんが会社単位、業界単位で言えば女性の施工管理も今は増えつつあります。

ですので最近はどこも女性更衣室はしっかり作っているし、お手洗いも女性用がしっかり設けられているんです。

ちなみに私はリニューアル工事なので、建物のお手洗いをそのままお借りしていますね。

リニューアルされたばかりなので、キレイな状態で使わせてもらっています。(笑)

ファーストコンテックの社員について

 

前田さんからは、「分からないことがあれば何でも聞いて」と入社当初から何度も言ってもらえました。

また定期訪問では、営業の棒谷さんが現場の進捗や私自身のことなど様子を伺ってくれるんです。

ですので、不安なことがあればその都度解決できる環境なんじゃないかなと思います。

寄り添ってくれる会社なので、それでも辛いと感じる時は、「現場も含めて今が踏ん張り時なんだ」と思い頑張っています!

今後について

 

最近は現場に来た大手ゼネコンの職員さんへ「良い現場があれば紹介してください!」と会話の流れで伝えることもあります。

設備だけでなく建築にも興味があり、いつかは携わっていきたいですね。

お寺とか神社が好きで、そういった建て替え工事の施工管理も出来たらいいな〜と思います。

関西だし、そういったチャンスは多いんじゃないかと期待しています!

いずれチャンスがきた時に備えて、しっかりと携われるようまずは目の前の基本から1つずつ学んでいこうと思います。

さいごに

 

最後に永島さんから、みなさんに向けてメッセージをいただいております。

建設業って自分が暮らす中でもかなり身近な業界だと思います。

例えば、将来家を買う・建てるとなった時に、家であれば、一生に一度買うかどうかといった買い物です。

大事な買い物だから、私は自分の目で十分な知識を持って、納得の行く家を建ててもらいたいです。

そんな時、図面が見れるだけでも施工管理で働き、学ぶ価値は十分にあると思うんです。

また施工管理は、後世に繋がる仕事です。

特に新築であれば、より「自分が立てたよ!」と街の様子を見るたびに広めたくなるくらいやりがいのある仕事だと思います。

もし入社を検討している方、さらに大阪や関西での勤務を考えている方は緊張せず応募いただきたいです。

関西の愉快な仲間たちでお待ちしています!

いかがでしたでしょうか?

ファーストコンテックの雰囲気や考えはお分かりいただけましたでしょうか?

念のため、今回の記事のおさらいをすると、このようなイメージでしょうか?

弊社の社員についてもっと知りたいと思っている方は、こちらの記事も併せてお読みいただければと思います。

また、グループの採用担当へ聞いてみたいことがありましたら、こちらのフォームよりお問い合わせくださいませ。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。

あなたとお会いできる日を心より楽しみにお待ち申し上げております。