アスリートが会社を決めた理由

タグ

  • 人事
  • 人材アウトソーシング
  • 就職
  • 採用
  • 転職
アスリートが会社を決めた理由
  • 「メッセージが届いて気になっているけれど、株式会社ファーストコンテックって一体どんな会社なんだろう」
  • 「ファーストコンテックの営業職ってどんな仕事をするのかな」
  • 「内定者の人たちはなんで株式会社ファーストコンテックを選んだのだろう」
  • 「会社の雰囲気はどんな感じなんだろう」

就活中にメッセージが届いたけれど、株式会社ファーストコンテックの情報が手元になくどんな会社なのか知りたいと思っているあなたへ。

こちらでは、株式会社ファーストコンテックに入社を決めた内定者の生の声をお届けします。

インタビューでお話くださったのは、23卒内定者の迫田 悠仁さんです。(摂南大学23卒)

迫田さんは来年から大阪支店の営業職として入社が決まっており、現在もインターンとして活動されています。

実は迫田さん、小学校から始めた陸上競技で社会人アスリートとしてオリンピックを目指しておられます。

インタビューでは主にこういったポイントを迫田さんに語っていただきました。

  • 陸上と仕事の両立について
  • 入社の決め手
  • 営業の仕事について
  • 未来の自分について

ぜひ弊社がどんな会社なのか、知るきっかけとして読み進めてくださいませ。

なお、この記事を最後まで読んで頂くことで手に入れられる情報は以下のとおりです。

せっかくのタイミングなので、ぜひ最後まで読みすすめてください。

学生時代について

 

迫田さん1

陸上のこと

小学3年生から陸上を始めました。

自分が住んでいる地域は陸上が盛んで、小学校にクラブチームがあったんです。

私もそこに所属していました。

中学までは走り幅跳びをしており、中学1年のときに大阪で優勝したこともあります。

中学2年からハードル選手としても活動し、高校からはハードル1本に絞って競技に取り組みました。

競技をやっていて楽しい瞬間は、自分が毎日やっていることが間違っていなかったと証明できたときですね。

トレーナーや監督と相談しながら、こういう力が欲しいからこういう練習をしようというふうに毎日のメニューを決めるんです。

このように試行錯誤して、結果が出たときが嬉しいです。

大変なことはやっぱり怪我ですかね。

特にハードルをしていると怪我が多いので大変です。

こけて前歯が折れたこともあります。

大切にしていること、オリンピックについて

競技をする上で大切にしていることは、才能を磨くために練習をすることです。

自分らしいプレイをするために、自分のセンスを疑わないことを大切にしていますね。

ですので毎日、才能を磨きに練習に行きます。

「プロ陸上選手になってオリンピックに出る」

これは小学校からの夢です。

中3でジュニアオリンピックに出てからより意識し始めましたね。

中3のころから、「この試合に勝ったら日本代表になれる」という機会が1年に1回くらいあるんです。

このチャンスをいつか掴みたいですし、掴めると思っています。

陸上選手の旬は25~26歳と言われているので、2028年27歳で迎えるロサンゼルスオリンピックが本命です。

まずは2024年パリオリンピックに向けて、日々練習に励んでいます!

学業のこと

卒業後も競技を続けるためには、アスリート社員としての所属先がなければいけません。

私はすごく野心家なので、、、

大学に入学した頃、起業して自分のスポンサーは自分でつけようと本気で思っていました。

1.2年のうちに勉強をして、3年で起業し4年で社長と呼ばれるようになろうと考えていたんです。

ですのでとにかく必死に勉強していましたね。空きコマはありませんでした。

履修していない会社法の授業や、国際学部の英語の授業に潜り込んで(笑)

自分が競技を続けるために、今必要だと思うことをたくさん勉強しましたね。

ファーストコンテックの印象と入社の決め手について

 

迫田さん2

就活について

社会人として働きながら、アスリートとして競技を続けられるか

を軸に就職活動をしていました。

社会人として働いて、仕事をしながらアスリートとしても活躍したいと思っていたからです。

「自分はこういう人間です。こういう事で活躍できます。なので、アスリート社員としてこの条件で採用してください。」

というメールを200社くらいに送り、選考に進んでいました。(笑)

アスリート社員として自分の理想の働き方ができるよう、ハングリー精神で取り組んでいました。

実は今度大学で、こういう就活もありますよという内容のセミナーをするんです。

面白いと思いますし、楽しみです!

ファーストコンテックの面談と入社の決め手

ファーストコンテックとの出会いはオファーボックスです。

先程お話したような就活をしていたので、そんな就活サービスがあることも知らなかったんです(笑)

知り合いに「オファーボックスくらいやりなよ。」と言われたものの、全然見ていなくて、、、

ですがこの会社の人事の方から4回くらい電話がかかってきて、

「もう掛けてこないでください。」と言おうと電話に出たんです(笑)

そこで「面談だけでも受けてください。」と言われとりあえず面談に進みました。

最初の印象は、新しい会社だなというものでした。

みんなが仕事に熱中しているのがわかって、良いなと思ったことを覚えています。

社長の青野さんはとにかく頭の回転が早いなという印象でした。

それから5回くらい、自分と会社の考え方をお互いに理解する面談の場を設けていただきました。

実はある面談で青野さんとディベートしたんです。

もし自分が勝ったらこの会社はお断りしようと思っていて、、、普通に負けましたね(笑)

今振り返ると、自分の納得できる形で会社の考えを共有してもらえたので有意義な時間でしたね。

入社の決め手は、青野さんをはじめ上司のみなさんについていきたいと思ったことです。

面談をする中で「すっごい才能だな、頭いいな、自分もそうなりたい!」と感じました。

ファーストコンテックでの仕事について

 

迫田さん3

インターンでの活動について

9:00〜16:00くらいまで仕事をしたあと、大学の練習に夜まで参加をしています。

インターン活動は今年の4月から始めました。

7月ごろまではレポートの書き方や建設業界についての勉強をし、7月から実際に営業としての業務に携わるようになりました。

営業としての主な業務内容は

  • 取引先企業への訪問、商談
  • 技術者との面談、履歴書の添削

です。

仕事をしていて楽しいのは苦戦したことが上手く行ったり、困難を乗り越えられたりしたときですね。

業界未経験の人を建設業界に営業することが多くあるんですけど、とても難しいと感じましたね。

ある技術者さんを契約するときは、2ヶ月もかかったこともあります。

その時は、関西中の会社に電話・メールをしても契約先が見つからず、、、

次の一手はどうしようかと上長と話し合いました。

その際に、これまで会社がやったことがないある手法で営業をかけてみたんです。

これがたまたま上手く行って、未経験の人が実際に現場に入ることができました!

その時は諦めずにやってよかったと思いましたね。

意識していること

業界でオンリーワンの存在になることです。

ファーストコンテックは2年目の会社です。

ですので技術者さん、そして派遣先の現場に会社の興味を持ってもらうには工夫する必要があるんです。

例えば、技術者さんの履歴書にも工夫するポイントはあります。

私たちの会社では、単に履歴書を技術者さんに書いてもらうだけではありません。

複数回、ファーストコンテックの社員とお話を重ねながら履歴書の意気込みやPR文を何度も作成しているんです。

技術者さんに対しては「技術者さんのことを真剣に考えている」

ということを言葉にしなくても伝わるようにしています。

あなたのキャリアを真剣に考えているし、建設業を支えてもらおうと思っている

という想いを経験者、未経験者にかかわらず伝えるように心がけています。

陸上との両立について

時間管理、タスク管理を大事にしています。

終業時間の16時までに仕事が終わらなかったら、練習ができなくなってしまいます。

でも、アスリートだからといって成果がないにも関わらず定時に帰っていいとは思っていません!

しっかりと終わらせてることを終わらせて、練習に向かうために時間の管理を大切にしていますね。

インターンを初めて感じること

業界についてどんどん知識が増え始めているところです。

先ほど営業は大変とお話しましたが、建設業界は人手不足の激しい業界なんですね。

特に3K(きつい、汚い、危険)という言葉が先行して、若手の人材が育ちにくい環境でもあります。

だからこそ若い人を流入させて、下から支えていかないといけないなと強く思うようになりました。

会社の雰囲気について

 

迫田さん4

先輩・上司について

みなさんそれぞれ能力が高く尊敬しています。

自分にない才能をみんながみんな持っていますね。

全員がオンリーワンで輝いていると感じます。

あとはみなさん仲がいいです。

同期の先輩同士はもちろん、会社全体としての雰囲気も良いです!

実は先日、社長と竹内さんが陸上の試合を見に来てくれて、、、

二人は初めて陸上の試合、自分の試合を見て「めっちゃおもしろかった!」と言ってくれました。

エンターテイメント性も大事にしているので、自分のことを認めてもらえたということが嬉しかったです。

ファーストコンテックには「本気の人を本気で応援する」という考え方があります。

その考えの通り、私の「オリンピックに出たい」という本気の夢を本気で応援してくれる会社であることを実感しましたね。

同期について

同じ営業メンバーで施工管理の資格を持っている同期がいるんです。

業界人としての発言や営業ができますし、自分が知らないことや本でしか見たことがないことを知っています。

素直にすごいな、と思いますね。

尊敬できる同期がいてとても嬉しいです。

私は人に相談することが得意じゃないんです。

弱いところを見せたくないという気持ちが出てしまって、、、

それでも仲良くしてくれたら嬉しいと同期には伝えています。(笑)

お互いにリスペクトしあえる関係でありたいですね。

技術者の同期とは、「僕がいれば大丈夫。」と思ってもらえるような関係を築いていきたいです。

「何かあっても、迫田くんが営業担当だから安心。」といってもらえるように信頼関係を築きたいです。

今後の目標について

 

迫田さん5

短期の目標は大阪建設、建築、土木の会社と関係を築いていくことです。

今はまだまだ開拓できていない状態です。

会ったことがない、名刺交換できていない企業様がたくさんいます。

会って会って、会いまくって大阪での関係を築いていきたいと思います!

足で稼ぐような営業をしていきたいですね。

それが自分の1、2年目の使命だと思っています。

長期的な目標は、事業部長になることです。

新しい事業をやることになったから、迫田くんに任せたいと言われるようになりたいです!

そのために今は、自分の中でこうやったら上手くいくというようなルーティンを探しています。

営業の正解というものはないのですが、、、

どういう電話、どういう名刺交換、どういう話し方をすれば上手くいくのかを見つけ出していきたいです。

休日の過ごし方について

 

迫田さん6

こう見えて意外とオタクなんです(笑)

ゲームも好きですし、漫画やアニメもよく見ます。

先週も新しいポケモンのゲームソフトを買って、一日中していました。

あとは運転も好きなので、気が向いたらドライブに行くこともあります。

社会人への意気込み

 

迫田さん7

 
来年からは社会人アスリートになります。

置かれている状況で結果を出すことが必要です。

仕事でも圧倒的な成果を出して、オリンピックにも出る。

そんな社会人アスリートになれるよう取り組んでまいります!

いかがでしたでしょうか?

株式会社ファーストコンテックの会社や社員の雰囲気について、イメージいただけましたでしょうか?

念のため、今回の記事のおさらいをすると、大切なポイントは以下の通りです。

もし、採用担当へ聞いてみたいことがありましたら、こちらのフォームよりお問い合わせくださいませ。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。

あなたとお会いできる日を心より楽しみにお待ち申し上げております。