【勤務地のお悩み】仙台勤務希望の私が東京で働いてみて

タグ

  • 人事
  • 人材アウトソーシング
  • 就職
  • 採用
  • 転職
【勤務地のお悩み】仙台勤務希望の私が東京で働いてみて
  • 「メッセージが届いて気になっているけれど、株式会社ファーストコンテックって一体どんな会社なんだろう」
  • 「どんな仕事をするのかな?」
  • 「社員はどうやって会社を決めたのだろう」
  • 「先輩の声を聞きたい!」

就活中にメッセージが届いたけれど、株式会社ファーストコンテックの情報が手元になくどんな会社なのか知りたいと思っているあなたへ。

こちらでは、株式会社ファーストコンテックの技術部として活躍している社員の生の声をお届けします。

インタビューでお話くださったのは、鶴岡 紗奈さんです。

鶴岡さんは2022年の4月に新卒で入社した、2年目の社員です。

宮城出身の鶴岡さん、現在は関東エリアで施工管理として稼働しています!

就活生の時、どのように就活を進めていたか
上京して1年、どんな生活を送っているのか

このあたりにフォーカスした記事になっています。

ぜひ弊社がどんな会社なのか、知るきっかけとして読み進めてくださいませ。

なお、この記事を最後まで読んで頂くことで手に入れられる情報は以下のとおりです。

せっかくのタイミングなので、ぜひ最後まで読みすすめてください。

学生時代について

大学生活

私はバドミントン部に所属していたのですが、とにかく部活に熱中していました。

部活中心の生活でしたね(笑)

バドミントンは小学校3年からずっと続けていたのですが、大学に入ってから一気にレベルが上がりました。

正直「行きたくないな〜」って思ってしまうぐらい練習についていくのがしんどかったです。

それでも「バドミントンが好き」という気持ちは一切消えなかったんですよね。

あとは、自分自身がどこまでやれるのかという挑戦意欲も強かったと思います。

きつい練習でもどこまで追い込めるか試していましたね(笑)

就活について

就活を始めた当初はやりたいことも何にもありませんでした。

合同説明会に参加したり、なんとなく就活を進めていました。

ただ、私の中で「仕事を通して人を幸せにしたい」という思いが強くありました。

自分が関わったことによって、その人が幸せになれたらいいな〜と。

この思いを叶えることが出来る企業で働きたいと考えていましたね。

ファーストコンテックとはエージェントを通して出会いましたが、その自分の思いが叶えられると思い入社を決めました。

勤務地の考え方

就活生のときに考えていたこと

私は宮城出身で、学生時代もずっと宮城で過ごしてきました。

「なんやかんや宮城から離れたくないな〜」という漠然とした思いで就活を進めていました(笑)

慣れ親しんだ土地、家族や友達、、、

自分の周りの環境に頼ることができる、という安心感があったのだと思います。

でも就活を進める中で勤務地に対する心境の変化があり、

「結局どこで働いても一緒じゃない?」という考えに変わりました。

場所にもよりますが、日本国内であれば基本的には帰ろうと思えば帰れる距離。

宮城でも東京でも大阪でも大差ないと感じたんですよね(笑)

そして東京や大阪に行くからこそ出来る経験も沢山あるのではないか?と。

知らない土地で自立する不安はもちろんありましたが、新しい土地で挑戦したいという気持ちが大きくなっていきました。

東京勤務に関して不安だったこと

土地勘が無いのでどこに住んでいいかわからなかったことが最大の不安でした(笑)

下調べしたり社員さんに聞いてみたり、情報は沢山集めましたが、やはり知らない土地の想像をするのは難しかったです。

グーグルアースを活用して、地上から気になっている土地を調査したりしてました(笑)

ただ、住んでしまえば特に問題はなかったです。

住めば都ですね(笑)

知り合いがいない不安はもちろんありましたが、これも時間が解決しました。

住み始めた当初は1人ショッピングなんかも楽しんでました。

知らない土地で物件を探すのは大変ですが、それこそ私含め先輩社員に聞きながら進めることができれば難なく乗り越えられると思います!

東京に住んでみて

今まで出会ったことのない人に出会えるのがとにかく嬉しいです。

宮城に居続けたら出会えなかった方に、沢山出会うことが出来ました。

コミュニティの輪が大きく大きく広がりましたね。

最近バドミントンの試合に参加する機会があるのですが、バドミントン界隈でも知り合いや友達が増えました!

交流が増えると私自身の行動範囲も広がるので、この先もワクワクがいっぱいです。

自分が住んだことないところに住むのは思っている以上に楽しいです!!!

東京に来て良かったな〜って心の底から思っています。

メンバーとの関わり

同期との関わり

新卒研修のときから、同期は私にとって救いの存在です。

仕事の話に共感してくれたり、1番相談しやすい相手というのもやっぱり同期なんですよ。

とにかく安心できて、頼れるメンバーばかりです。

ですので、月に1回研修のときに対面で会えるのもすごく嬉しいですね。
(研修に関してはこちらの記事をご確認ください)

研修終わりにプライベートの話をしたりご飯に行ったり、横のつながりを強く感じることができます。

月1回の研修について

研修を通して仕事の話をできるのが嬉しいです。

皆の話を聞きながら「全員がんばってるな〜」って確認することができるんですよ。

顔を合わせて話すからこそわかることもあるし、関西などのメンバーともWebで繋げているのでコミュニケーションはしっかり取れていますね。

この研修のおかけで、働く場所は違えど寂しさや孤独感は感じてないです。

社会人1年目を振り返って

今の自分にかけたい言葉は?

「意外と成長してるじゃん!」って伝えたいですね(笑)

1年間働く中で、自分にできることは少ないとずっと感じていていました。

でも新入社員が入ってきて仕事の説明をする立場になり、

「1年前できなかったことができるようになってる!」

「人に説明できるくらい理解できてる!」

って気付くポイントが多くありました。

できなかったことができるようになるって本当に嬉しいんですよ。

働いててよかったな〜とか、誰かの役に立ってたら良いな〜とか。

良い感情がわいてくることが多くなりましたね。

今後について

かっこいいと思ってもらえる先輩になりたいです!

仕事面でも、人物面でも「こんな人になりたいな」と思ってもらえたら嬉しいですね。

そのためにもまずは資格取得を目指します。

そして2年目になったということで、担当を持って施工を見ていくことが増えていきます。

何事も、より責任を持って取り組んでいきたいと思います。

あとは、とにかく後輩と仲良くなりたいです!

新入社員が62名いるので、まずは後輩に名前を覚えてもらうことからスタートですね(笑)

次の研修で自己紹介カードでも持っていこうかなと思っています(笑)

いかがでしたでしょうか?

株式会社ファーストコンテックの会社や社員の雰囲気について、イメージいただけましたでしょうか?

念のため、今回の記事のおさらいをすると、大切なポイントは以下の通りです。

もし、採用担当へ聞いてみたいことがありましたら、こちらのフォームよりお問い合わせくださいませ。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。

あなたとお会いできる日を心より楽しみにお待ち申し上げております。