【2021年度入社 新居稚菜さん】社会人2年目を振り返って

タグ

  • 人事
  • 営業
  • 就活
  • 採用
  • 社員の声
  • 転職
【2021年度入社 新居稚菜さん】社会人2年目を振り返って
  • 「入社2年目ってどのような業務をするのだろう?」
  • 「1年目との違いはなんだろう?」
  • 「どのような成長があるのだろう?」
  • 「どんな考え方を持っているのだろう?」

これから株式会社ファーストコンテックに入社予定のあなたへ。

株式会社ファーストコンテックに興味を持ってくださっているあなたへ。

こちらの記事では、社員それぞれの取り組みや思いを紹介しております。

今回の社員インタビューは、入社3年目の新居稚菜さんです!

新居さんは2021年4月に新卒で入社し、株式会社T3の営業推進課を経て、現在は株式会社ファーストコンテックで営業や人事として活躍されています。

「2年目ではどのような仕事をしていたのか」

「1年目と2年目の違いはなんだろうか」

「2年目になって、気持ちの変化はあったのか」

「仕事を通して大切にしていることはなんだろう」

今感じていることや、1年目からの変化などを聞いております。

株式会社ファーストコンテックを知ってもらうきっかけとしてお読みいただければと思います。

ここからは新居さんのインタビュー内容を載せております。

ぜひ読み進めてくださいませ。

なお、この記事を最後まで読んでいただくことで手に入る情報は以下の通りです。

ぜひ最後まで読み進めてください。

また入社1年目当時の新居さんの様子を知りたい方は、ぜひこちらも合わせてご覧くださいませ。

【2021年度入社 新居 稚菜さん】 入社1年を振り返って【入社2年目当時】

2年目の仕事内容

 

株式会社ファーストコンテックで、人事と営業の仕事をしています。

入社1年目は、株式会社T3でグループ会社全体の支援をしていました。

2年目よりメインミッションとしてファーストコンテックで仕事をしています。

きっかけは自分の営業スキルを活かすためです。

1年目に業務の一環として、短期出張で愛媛県にて車販売の営業を経験しました。

しかし自分の営業スキルの至らなさを感じ、本当に悔しかったです。

どうしても営業スキルを身に着けたいと思い、これをきっかけに愛媛県で半年間の営業研修を行いました。

そして大阪に戻った後も身につけた営業スキルを活かしていくために、ファーストコンテックの営業をしています。

この1年間の仕事内容は、人事のお仕事と営業のお仕事が半分ずつくらいです。

人事では、採用活動のための面談対応がメインの業務になります。

営業では、このようなお仕事を行っています。

  • お客様である建設会社に赴きご挨拶
  • 求人のヒアリング
  • 技術者の紹介から契約まで
  • 契約書の作成

少しずつできることが増えていき、一年間を通して営業の一通りの業務に慣れることができました。

営業として意識していること

 

1年目に得た営業スキルを、2年目も向上させていきたいと思いました。

しかしBtoCからBtoBに代わり、業務内容もガラリと変わったので、最初の半年間はとても大変でした。

それでも当時の心境として、「怖い」といったマイナスの感情はなかったです。

「最初はできないことだらけだろう」

「ゼロからやってみよう」

そのような前向きな気持ちで取り組んでいました。

私は毎月技術者の方とお会いして、「問題なくお仕事できているか」「困っていることはないか」をヒアリングさせていただいています。

もし気になることがあった場合は、新しい対策を講じてお客様に提案することもあります。

営業のお仕事って、いわゆる建築現場のマネージャーのような立ち回りだと思うんです。

技術者の方々がプレーヤーで、実際に活躍し貢献してくださっています。

ですので私が営業としてできることは、プレーヤーである技術者の方々が業務に集中できる環境づくりをすることだと思っています。

また建築に関する知識が足りていないと感じているものの、常に今できる120%の用意をしてからお客様のもとに行くようにしています。

お客様からすると、私が2年目社員であることや異動直後であることは全く関係のないことです。

私もそれを肝に銘じて、商談前は前日から頭の中で何度もリハーサルをします。

商談の仕方を3パターンほど用意し、「これ以上することがない」と思うくらいの準備をしてから臨んでいますね。

さらに、法人営業は私自身が会社の窓口・顔になるのだと実感しています。

車の販売では、お客様はまず車を見て、それから販売員を見られるようなイメージでした。

しかし法人営業では、最初にお会いした私を見て、この会社は大丈夫かどうかを判断されます。

つまり私の印象が良くないと、技術者の方を紹介することが難しくなってしまいます。

ですので、しっかりした印象を与えられるよう、話す内容はもちろん、身だしなみなどの第一印象も大切にしています。

1年目との違い・後輩の存在

 

入社当初は何もできなかったので、目の前にあることをがむしゃらに行っていました。

その経験もあり2年目になってできることが増えたので、社内のメンバーやお客様の力になれていると感じる機会が増えました。

なにより、仕事が楽しいと思えるようになりました!

もちろんできるようになった先には次の段階が待っているので、これからもできないことに向き合っていく必要があります。

しかし自分の力で、自分で判断して仕事をしていくというのはとても楽しいです。

また、後輩ができたことによる意識の変化もあります。

1年前のインタビューで、「入社予定の後輩から見られる存在になるという意識を持っている」とお話させていただきました。

これは今も変わっていません。

自身の取り組む姿勢は、周りにも大きく影響を及ぼす感じています。

自分より目上の人が「仕事嫌やわー」って言っていたら、気持ちよくないじゃないですか。

ですので上手くいかないことがあってもダレずに、ネガティブな発言・態度はしないようにしています。

そして、ファーストコンテックはまだまだ新しい会社です。

時には年次の浅い社員こそ、新しい考え方ややり方があることに気づかせてくれることもあります。

中には、私が苦手なことに手を差し伸べてくれる後輩もいます。

そうやって先輩後輩の垣根を超えて、同じメンバーとして助け合える関係性を築く重要性をこの1年間を通して実感しました。

身についたスキル・大変だったこと

 

1年目から2年目の間で身についたスキルもたくさんあります。

たとえば1年目に車の販売をしていたときは、上長からの配慮もあり販売接客に注力していました。

そのため、他の社員が当たり前に身に着けているメールの書き方など学んだことがなかったんです。

ですのでメールの使い方・書き方・伝え方などは基礎から学びました。

さらにBtoCからBtoBの営業になったので、ビジネスマナーやビジネス用語も改めて身に着けました。

加えて、建設に関する専門知識もたくさん覚えました。

これらを覚えて業務に活かすことが、この1年間で一番大変なことでしたね。

お客様は、当たり前のように専門知識を用いてお話されます。

しかし異動当初は、知識不足で内容をあまり理解できなかったんです。

覚えられるまでの半年間ほどは、何度も参考書を開いて、お客様が何を言いたかったのかを一生懸命理解するよう努めました。

ファーストコンテックで営業を始めて1年が経ち、やっと慣れてきたと感じています。

印象に残っていること

 

仕事を通して、予期せぬ嬉しい言葉をいただくことが何度かありました。

そういった言葉はどれもとても印象に残っています。

人事のお仕事では、「新居さんと働きたいからファーストコンテックに入社することを決めた」と言っていただくことがあります。

毎回びっくりするほど本当に嬉しいです!!

営業では、商談の後にお礼のメールを送っています。

メールってお客様は毎日何通も受け取っているので、返信が来ることはあまりないんです。

ですので、あたたかい言葉でお返事いただけるとすごく嬉しいです。

特に営業に慣れていなかった頃は、積極的で一生懸命な姿勢は相手にも伝わるのだと実感できた出来事でした。

3年目の抱負

 

1年前と変わらず、今も職種や業種にこだわりはありません。

人の役に立てることをこれからチャレンジしていきます。

3年目の抱負は、「楽しく仕事をすること」です。

仕事は週5日間も費やすものなので、仕事だからといって淡々と行いたくありません。

また嫌々と仕事をしている人がいたら、周りの人も気持ちよくないはずです。

逆に自分が仕事を楽しむことで、相手にも伝わる何かがあると信じています。

ですので、自分のためにも周りの人のためにも、楽しく仕事をしていきたいです。

一方で、挑戦や目標はいくつかあります。

  • 踏み込んだ営業ができるようになりたい
  • 伝えることをうまくなりたい
  • お客様との距離を近づけるために、あえてわからないことを聞く勇気を持ちたい
  • 後輩に教えられるくらい業務をしっかり理解して、サポートできるようになりたい

仕事を楽しみつつ、これらに積極的に取り組んでいきます。

最後に

 

ファーストコンテックの魅力は、「人」だと思っています。

入社当時、私は人一倍できないことの多い新入社員だったんじゃないかと思います。

ですが、できないことを詰められたり怒られたりしたことは一度もありませんでした。

ファーストコンテックのメンバーは、できるようになるまで快く教えてくれる優しい方々です。

ですので、素直に「成長したい」と思わせてくれる環境がここにはあると思っています。

新入社員の皆さん。

「楽しみ」より「不安」が大きいかもしれません。

でも私でもなんとかなったので、皆さんなら大丈夫です(笑)

最初は分からないことだらけなのは当たり前です。

スポーツと違って、仕事はセンスではなく慣れだと思います。

周りと比べずに、できるようになるまで周りの人に頼ってください。

そして、できることを増やしていってほしいと思います。

ぜひ楽しんで入社してもらえたら嬉しいです。

そして、就活生の皆さん。

就活は恋愛と同じで、自分の中の判断軸のもと選択をすることで、あるとき急に運命を感じられると思います。

その運命を信じて、最後は「自分で」決断してほしいと思います。

ファーストコンテックでお待ちしています。

いかがでしたでしょうか?

私たちのグループの雰囲気や考えはお分かりいただけたでしょうか?

念のため今回の記事をおさらいすると、大切なポイントは以下の通りです。

もし、グループの採用担当へ聞いてみたいことがありましたら、こちらのフォームよりお問い合わせくださいませ。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。

あなたとお会いできる日を心より楽しみにお待ち申し上げております。