24卒新入社員研修1日目

タグ

  • 人事
  • 人材アウトソーシング
  • 就職
  • 採用
  • 自動車販売
  • 転職
24卒新入社員研修1日目
  • 「メッセージが届いて気になっているけれど、株式会社ファーストコンテックって一体どんな会社なんだろう」
  • 「どんな研修をするのかな」
  • 「どんな先輩社員や同期がいるのかな」
  • 「同期とどんな関係性を築けるのかな」

就活中にメッセージが届いたけれど、株式会社ファーストコンテックの情報が手元になくどんな会社なのか知りたいと思っているあなたへ。

こちらでは、当グループの実態を知れるよう、1週間に渡って行われた新入社員研修の様子を紹介しております。

  • 新入社員ではどのようなことを行うのか
  • 実際に研修を受けて、どう感じたのか
  • 新入社員はどんな考えや目標を持っているのか
  • 会社の雰囲気や考え方はどんな感じなんだろうか

ぜひ弊社がどんな会社なのか、知るきっかけとして読み進めてくださいませ。

なお、この記事を最後まで読んで頂くことで手に入れられる情報は以下のとおりです。

せっかくのタイミングなので、ぜひ最後まで読みすすめてください。

入社式

 

青野さん(代表あいさつ)

1日目は、入社式から行われました。

入社式のはじめに青野社長から挨拶があり、入社のお祝いのお言葉を頂戴いたしました。

挨拶の内容の一部をご紹介いたします。

皆様、ご入社おめでとうございます!

本日、こうして74人全員とお会いすることができてとても嬉しく思っています。

社会人1日目、緊張や不安が大きいと思います。

皆さん、隣りに座っているメンバーの顔を見て下さい。

ここに座るみんなが同期であり、私たち全員が仲間です。

仲間に、仕事に、お客様に、誠実に向き合っていってほしいと思っています。

改めて、ご入社おめでとうございます。これからどうぞよろしくお願いいたします。

挨拶のあとに、青野社長から1人ずつ入社証書を渡していただきました。

「一緒に働ける日を楽しみにしていました。」とお声掛けいただき、同期みんな嬉しそうでしたね。

また、その時に会社からメモ帳と名刺入れをプレゼントとしていただきました。

そしてそれぞれ自己紹介と社会人への意気込みを話して、青野社長と2ショットを撮影しました。

・タロットカード占いができる人(伊藤輝弥さん)
伊藤さん

・英語が話せて、キックボクシングができる人(丸山幸華さん)
丸山さん

・オードリーの春日が大好きな人(遠藤誠さん)
遠藤さん

など、個性豊かな74人のメンバーが集まりました!

両親からの手紙のプレゼント

 

手紙

新入社員研修が始まる前に、サプライズがありました。

親から手紙をいただいたんです。

みんな1人だけでは、産まれてから今まで生きてこれなかったと思います。

手紙を読んで、親からの想いを知り感動して涙ぐむ社員や涙が溢れた社員が大勢いました。

親から手紙をもらったことで、もう子供ではなく社会人だという実感が湧きました。

学生までは親の世帯に入っていましたが、社会人になると世帯が分かれます。

世帯が分かれるということは、自分でお金の管理をし責任を負わなければなりません。

「自分のことは自分でする」

当たり前かもしれませんが、意外と難しいんです。

光熱費や家賃を払い、スーツをクリーニングに出して、お弁当を準備して、、、

親にしてもらっていたことは、数え切れないですしまだ気付いていない部分もあると思います。

「親に感謝を伝える機会」
「社会人になった自覚を持つための区切り」

このような1つの機会であり区切りを、親からの手紙という形でプレゼントしていただきました。

研修スタート!

 

グランドルールについて

研修のはじめに4つのグランドルールについて説明がありました。

グランドルールとは、6日間の研修を良いものにするために全員が守るルールのことです。

新入社員研修でのグランドルールは以下になります。

  • 意思表示をする
  • 誰かが発表したときは必ず拍手をして承認する
  • 疑問点はその場で解決する
  • 真剣に向き合う

みんなが真剣に研修に向き合うことで、良い形で最終日を迎えることが出来ます。

「全員でこのグランドルールをきちんと守って、学びの多い研修を作ろう!」と気合が入りました。

同期全員と友達になる

グランドルールの説明があった後、実際に研修がスタートしました。

まず私たちが新入社員研修を行う目的についてお話がありました。

この研修の目的は同期全員と友達になることです。

このお話の後、15分ほど休憩を取ってから研修が再開いたしました。

青野社長から「休憩時間に全力で同期全員と友達になろうとした人は手を挙げて」と言われました。

みんな緊張しており隣の人に話しかけることが出来なかったので、ほとんどの人が手を挙げられませんでした。

そこで、全力で15分間話したことがない25人の同期に話しかけることを行いました。

結果、目標に到達せずに20人前後のメンバーと話せた人が多かったです。

それを見た青野社長から新入社員研修にかかっているコストについてお話がありました。

新入社員研修では、どんな費用がかかっていると思いますか?

・24卒74名の1週間分の給料
・施設を借りるための費用
・交通費
・先輩社員の給料
など、、、

想像以上にたくさんのことに費用が必要ですよね。

時間単位で計算をしてみると、74人の1分には2775円ものお金がかかっています。

1分2775円ってとても高いですよね。

費用がかかっているということは、私たちは1分1秒無駄にしないように行動し、それに見合った成果を出さなければなりません。

時間や期日を守って目標を達成することは必須なんです。

お金がかかっているので、目標を達成するだけで満足してはいけません。

お金を払ってでも「良かった」「ありがとう」と言われるような最大の成果を出すために、全力で考えて行動することが重要です。

このお話を受けて、これから取り組む課題に真剣に全力で向き合おうと強く思いました。

友達の定義とは

新入社員研修での目的だった「同期全員と友達になる」ことについて、どんな状態になったら友達と言えるのかみんなで話し合いました。

「一緒に遊びに行けたら友達」
「頼みごとが出来たら友達」
「気を遣わずに話せる関係」

たくさんの意見が出ました。

「友達の定義」

今まで考えたことがなかったですし、明確な定義を決めることはとても難しく感じました。

「人とこうなったら友達」って決めている人はほぼいないですよね。

ですが、定義を全員で統一しなければ研修の目的を達成できませんので、みんなが承認できる「友達の定義」を決めるために何度も話し合いを行いました。

研修が終わる時間になっても定義を決めきれなかったので、ホテルに戻って夜にオンラインミーティングを全員で行いました。

みんなで時間をかけて話し合って、答えを出すのはとても楽しかったです。

そして、24卒が考える友達の定義は

『相手の立場になって考えることができる』
『気を遣わずに話せる』
『良いことも悪いことも言い合える』

となりました。

相手の良い部分は言いやすくても、悪い部分や改善点を伝えるのは勇気が必要ですよね。

ですが、指摘をすることでその人の成長に繋がってさらに素敵な人になります。

同期みんなで社会人として成長するためにも、思いやりを持って指摘し合うことを大事にしようと決めました。

理念やミッションについて

 

青野さん(1日目)

1日目の最後に、グループのミッション・理念・優秀な人材の定義について社長からお話がありました。

私たちのミッションは、「自身と出会えてよかったを社内外に提供する」です。

そして理念は、「仕組みで勝ち、人柄で圧勝する」です。

仕組みを知っているだけでは、圧勝できないんです。

なぜなら、同じような仕組みで勝とうとしている会社や人が数多くいるからです。

コンビニエンスストアを思い浮かべてみて下さい。いくつか思いつきますよね?

仕組みは真似できてしまいますし、同じようなものはすぐに生まれるんです。

ですが、そこで働く「人」だけは真似できないんです。「私」も「あなた」もこの世に1人しかいないんです。

「あなたにお願いしたい」「あなたと働きたい」「あなただから」

そう思ってもらうことが人柄で圧勝するということです。

ミッションである「あなたと出会えてよかった」と思ってもらうことも人柄で圧勝するということですよね。

「仕組みで勝ち、人柄で圧勝する」という理念のもと、世の中の困ったを解決する。

それがグループの想いです。

ではどんな人柄を目指せば良いのでしょう?私たちは「優秀な人材の定義」を設けています。

  • 常に自身が足りないと思い努力し続ける人
  • 本気の人を本気で応援する人
  • 出来ない人をバカにしない人

この3つが「優秀な人材の定義」です。

同期メンバー全員で、優秀な人材になれるように努力しようと思いました。

社長からお話を聞くことで改めて理念やミッションについて、理解を深めることができました。

新入社員の声

 

3人の写真(1日目)

ここでは、本日の研修を振り返って、6名の新入社員に質問に答えていただきました。

◆どんな社会人になりたいですか?

・「報・連・相」をしっかりと行って、一緒に仕事をしたいと思える社会人になりたいです。(吉末美羽さん)

◆親からの手紙を読んでどうでしたか?

・初めての研修で知っている人もいないのでとても不安でしたが、母の字を見てとても安心しました。(平尾晴希さん)

・親からの愛を感じましたし、それと同時にひとりの人生の先輩として勉強になるような内容でした。手紙を読んで、改めて両親へもっと感謝しないといけないと思いました。
これからは少しでも両親や世の中の人に立てるような社会人になりたいと思います。(長濵雄大さん)

◆1日目に学んだことや感想を教えて下さい。

・自分から話しかけたり手を挙げたりなど、積極性を持って行動することが重要だと学びました。(小坂亘平さん)

・同期のメンバーは出身地も性格もバラバラでみんな個性的なので、話し合いを多く取ることが大切だと感じました。(厚見優香さん)

最後に

 

4人女子1日目

いかがでしたでしょうか?

今回は新入社員研修1日目の内容を紹介いたしました。

6日間の新入社員研修を通して、私たちのグループが新入社員に伝えたいこと。

それをみなさまに知っていただけるのではないかと思います。

念のため、今回の記事のおさらいをすると、大切なポイントは以下の通りです。

株式会社ファーストコンテックの会社や社員の雰囲気について、イメージいただけましたでしょうか?

念のため、今回の記事のおさらいをすると、大切なポイントは以下の通りです。

もし、グループの採用担当へ聞いてみたいことがありましたら、こちらのフォームよりお問い合わせくださいませ。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。

あなたとお会いできる日を心より楽しみにお待ち申し上げております。